審美歯科治療とは歯や口元の美しさに重点を置いた総合的な歯科治療のことをい、インプラントや歯ぐきのピーリング、ホワイトニング、矯正歯科なども広義の意味では審美歯科治療ですが、ここでは前歯・奥歯の被せ物・詰め物において、当院の審美歯科治療で取り扱う素材を比較・ご紹介していきます。

奥歯の詰め物

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

素材:フルジルコニア(ジルコニア100%使用)

ポイント:最高の美しさ

長所

  • 美しさNO.1
  • 自然で透明感のある白色
  • 金属が使われないため金属アレルギーにならない

短所

  • 特になし
  • 美しさ ★★★★★
  • 耐久性 ★★★★★
  • 清潔感 ★★★★★
  • 価格 30,000円(税別)※形成料が別途。

セラミックインレー

セラミックインレー

素材:セラミック(セレックブロック)

ポイント:自然な白さ

長所

  • 100%セラミックを使用
  • 自然に見える
  • 金属が使われないため金属アレルギーにならない

短所

  • 極度に強い衝撃で割れることがある
  • 美しさ ★★★★☆
  • 耐久性 ★★★★☆
  • 清潔感 ★★★★☆
  • 価格 10,000円(税別)※形成料が別途。

前歯・奥歯の被せ物

フルジルコニアクラウン

フルジルコニアクラウン

素材:フルジルコニア(ジルコニア100%使用)

ポイント:最高の美しさ

長所

  • 美しさNo.1
  • 自然で透明感のある白色
  • ほとんど変色しない
  • 磨耗に強い
  • 清潔感が高くプラークがつきにくい
  • 金属が使われないため金属アレルギーにならない

短所

  • 素材がとても硬いため、噛み合わせの歯が削れる可能性がある
  • 美しさ ★★★★★
  • 耐久性 ★★★★★
  • 清潔感 ★★★★★
  • 価格 30,000円(税別)※形成料が別途。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

素材:セラミック(セレックブロック)

ポイント:日常での自然さ

長所

  • 100%セラミックを使用
  • 自然に近い色合いで殆ど変色がない
  • 金属が使われないため金属アレルギーにならない

短所

  • 極度に強い衝撃で割れることがある
  • 美しさ ★★★★☆
  • 耐久性 ★★★★☆
  • 清潔感 ★★★★☆
  • 価格 20,000円(税別)※形成料が別途。

なぜこの価格で提供することができるのか?

セラミックやジルコニアの技工物を作成する場合、通常は、院内で歯科医師が歯を削って成形、型取りをし、そこに石膏を流し込んで石膏模型を作ったら技工所に郵送、技工所のプロの技工士がその模型上で作製した技工物が医院に返送されてきます。

歯科用セラミックにはいくつか種類がありますが、当院では、院内でスキャンした口腔内データを元に、併設の技工所で経験豊富な技工士がCAD/CAMシステムを駆使、厳選した素材を使用して、従来よりも短期間で技工物を作製することでこの価格で提供できるようになりました。

セラミック治療の流れ

セラミックとは何か?

歯科セラミック

セラミックとは、「粘土や岩石などの無機物を混ぜ合わせて形作ったものを高温の炉の中で加熱処理することで焼き固めた焼結体」を言います。イメージしやすいもので言えば、お皿などの陶磁器ですが、どんなセラミックも基本的には造り方は一緒で、熱に強いガラスの結晶化ガラスなども広義の意味ではセラミックです。セラミックを歯科材料として使用するメリットは・・・

  • 金属が使われないため金属アレルギーが少ない
  • 審美性に優れる
  • 価格変動が少ない
  • 熱伝導率が自然の歯に近い
  • 耐摩耗性が高い
  • 金属よりも軽い

などがあげられます。

もちろん口の中に使用する場合には、お皿などの材質では割れ易く危険なため、成分の比率を変えた歯科用セラミックが使用されます。

セラミックを使うメリット

金属アレルギー

保険治療で使用されている金属では、人によっては金属アレルギーを発症する方がいらっしゃるのですが、金属を使用しないセラミックを使用することでこの問題を解決することが出来ます。

歯科の保険治療で歯の詰め物やかぶせ物に使用されるのは12%金銀パラジウム合金という金属で、その成分は金12%、パラジウム20%、銀50%程度、銅20%程度、その他イリジウムなど数%です。

口の中で長い時間をかけてこれらの金属の成分が溶け出し、体内に取り込まれていく懸念から、欧米などではその使用が禁止されている国もあるほどです。

症状としては、口の中の粘膜のただれ、痛み、腫れなどです。

更に口の中だけでなく、長い時間をかけて体内に取り込まれることで体のあらゆる場所にアレルギー症状を発症することもありますが、一見したところでは金属アレルギーが原因と分からないことも多く、一説では肝機能障害、腎機能障害、発疹などのアレルギー、アルツハイマーなどにも影響を及ぼすとも言われています。

ご心配な方は血液検査などによるアレルギーテストを受けられることをお勧めします。

また、異なる種類の金属同士の接触によるガルバニック電流により頭痛、自律神経失調症、不眠などの体調不良を起こす患者様の症状改善にも効果があるといえるでしょう。

当院では大きく分けて2種類のセラミック治療を行っております。

セレック

当院ではデンツプライシロナ社が販売する「セレックブロック」を使用し、技工物を作製しています。

シロナ社はアメリカ、フランス、イタリアなど世界19か国で歯科材料を提供している歯科材料企業です。

当院がセレックブロックをお勧めする理由

セレックブロック

セレックブロックは、エナメル質と同程度の耐摩耗性と優れた研磨性を備えていて、ほかのセラミック材料では数時間の焼き固める時間が必要になるところ、ミリングマシンで削りだしたらすぐに研磨、装着が出来ます。よって、今まで通院が数回必要だった治療が最短1日で完了できるのです。

セレックブロックの臨床追跡データでは、10年後の残存率が90%を超え、生体親和性の高いゴールド並みの優れた成績を有しています。

ジルコニア

ジルコニアもセラミックの一種で、ジルコニアと言えば単結晶構造の人工ダイヤモンドのキュービックジルコニアが有名ですが、歯科材料として用いられている歯科用ジルコニアは細かい結晶から成る多結晶構造のジルコニアで、日本では2000年頃から普及し始めました。強度と靭性(じんせい、粘り強さ)に優れるのが特徴で、磨くと他のセラミックにはない美しい光沢が生まれます。

多結晶構造のジルコニアで出来ているもので身近に見かけるものでは白いセラミック製の包丁やハサミなどがあります。軽くて丈夫という素材の特性からスペースシャトルの外壁にも使われてきており、また、生体親和性が高くて丈夫で安全という点から医科分野では人工関節などの骨の代替え素材としても長く使われてきています。

優れた審美性と高い強度

ジルコニア

ジルコニアは硬度が高いのですが、金属やセラミックよりも密度が低いために光の透過性が良く、歯科の修復材の中では一番曲げ強度が強いです。

そのため、レジン(保険で使用される歯科用プラスチック材料)やセラミックよりも綺麗で、壊れにくい歯を作ることができます。

セラミックでは強度が足りずに作れないような長いブリッジや、噛む力の強い男性の奥歯にも使うことができます。

硬過ぎることが問題と指摘する先生方もいらっしゃいますが、プロの技工士がしっかりとした噛み合わせで作製することでかなりの問題を解決することができます。

強度の数値としては、セレックセラミックが120mp(メガパスカル)に対してジルコニアは700~1200Mpと10倍もの強度です。

ちなみにe-maxと呼ばれるセラミックは360Mp程度と言われています。

どちらがお勧め?セレックとジルコニア

どちらがお勧め?セレックとジルコニア

被せものでセレック2万円かフルジルコニア3万円、どちらにするか悩まれる方もいらっしゃることと思います。

フルジルコニアは従来は10万円以上の価格で提供されていたもので、それだけの価値があるものなのですが、製造工程の簡略化や化学の進歩、そして、皆様により良いものをお安く提供したいという思いからこの価格を実現いたしました。

ですので、どうしても1万円の差が無理ということでなければ、断然フルジルコニアをお勧めします。

当院でセレックブロックとフルジルコニア以外を扱わない理由

前述のように、セレックブロックは焼結を必要としないセラミックなので患者様に即日でのご提供が可能です。

セレックブロックでは強度が足りない部位にはジルコニアを選択します。

また、焼結を必要とするセラミックの歯ですと焼結により色付けができ、強度が高くなります。

より審美性を必要とする前歯にも焼結で色付けができるセラミックが向いていると言えます。

セレックブロック、その他のセラミック、ジルコニアを比較すると次のようになります。

セレックブロック エンプレスe-max ジルコニア
焼結 不要 不要 不要
強度 柔らかい 硬い
色付け しない できる できる

ジルコニアは焼結ができる素材としては審美性、強度ともに最高峰です。

そのため当院では、焼結を行わない場合はセレックブロック、焼結を行う場合はジルコニアの2種類の扱いといたしました。

京都プラス歯科

  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • ホワイトニング
  • マウスピース

京都でオールセラミック、歯科矯正をご検討の方はお気軽にご相談ください。

075-741-8323お電話受付時間:診療時間中

診療時間

平日10:00-12:30 / 14:30-20:00

土曜09:00-12:30 / 14:30-18:00

休診祝日

交通アクセス

〒600-8001 京都府京都市下京区真町90番
吉寿屋四条ビル5F

京阪本線「祇園四条駅」徒歩1分
阪急京都線「河原町駅」徒歩1分